円高だから米国よりSurface Bookを個人輸入 #Surfaceアンバサダー

円高だから米国よりSurface Bookを個人輸入 #SurfaceアンバサダーIMG_3169

以前、Surface Bookアンバサダー特別体験会で触ってみてとても気に入ったSurface Bookでしたが、ネックは価格。
Microsoft Storeでは、最上位モデルの「Surface Book – 512GB / Intel Core i7 / 16GB / GPU」が372,384円(税込)。ちょっと手が出ないと思っていたけど米国モデルを個人輸入すれば円高のおかげで30万円以下で購入できることが分かり、チャレンジしてみました。

スクリーンショット 2016-04-16 14.22.31
購入は米国のAmazon.comから。様々な販売店が登録されていますが、国際発送可能で価格、送料、口コミなどで良さそうな販売店を選択しました。
本体価格2,429ドル、送料70.91ドルで、合計2,499.91ドルでした。
カード会社の換算レートは109.48円/ドルで273,690円。

IMG_3147
発送はDHLエクスプレスで4/9の注文で4/13には到着。ただ不在だったので再配達を依頼。再配達の依頼がナビダイヤルだけであまり融通が効かないのはちょっと不便(というか日本の運送会社が優秀なのですが)。
パソコンは関税はかからず消費税のみ。個人利用の場合は軽減され、手数料と合わせて6,880円を配達時に支払いでした。合計280,570円。

IMG_3148
販売店からのメッセージ。返品のポリシーなんかも記載されています。
トラブルなどもあるかも知れませんのでおすすめはしませんが、下位モデル同等の価格で上位モデルが購入できて良かったです。
ただしOfficeのライセンスが追加していないのと、キーボードがUSキーボードになるといった違いがあります。OfficeのライセンスはOffice 365 Businessに入っているので。

IMG_3149
もちろん本体も問題なし。ちゃんと日本語でも使えるようになりましたが、それは別記事で。
この記事もSurface Bookで書いていますが、かなり快適ですね。

  

2 thoughts on “円高だから米国よりSurface Bookを個人輸入 #Surfaceアンバサダー

  1. Pingback: 円高を有効に使う! | ブロガーセレクション

  2. Pingback: Surfaceデジタル夏祭りでSurfaceの様々な活用法を学んできました #Surface夏祭り #Surfaceアンバサダー | Digital Life Innovator

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Captcha * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.