家の無線LANが故障したのでBUFFALO WHR-1166DHP3にリプレース

PB270001

家の無線LANブリッジとして使っていたBUFFALO WZR-D1100Hの調子が悪いなと思っていたら、とうとう電源が入らない状態に。
家の中に無線LANで接続している機器がたくさんあったりや有線LANのハブとして使っていたりもするので困るなあ、とすぐにリプレースしようと思いましたが、私自身も調子が悪くて寝込んでいました。
ということでAmazonプライムで当日お急ぎ便で注文。お昼前に注文して夕方に届きました。

PB270003
購入したのは価格が手頃で売れ筋の「BUFFALO WHR-1166DHP3」。4年前のBUFFALO WZR-D1100Hよりかなりコンパクトになっていますね。11ac(5GHz)で866Mbps、11n/g/b(2.4GHz)で300Mbpsだそうです。

PB270004
ルーターとブリッジはスイッチで切り替えられますが、AUTOにしておけば切り替える必要も無いみたい。
LANポート4つとINTERNETポート1つ。INTERNETポートはGigaBitイーサ対応。
(うちはひかり電話ルーターを使っているので、ブリッジとしてしか使わないですが)

PB270006
底面や付属のカードにSSIDや暗号化キーが書かれています(ぼかしている部分)。

このSSID、暗号化キーをパソコンや機器に登録していけば使えるようになります。AOSSなどでの登録も使えます。

IMG_5034
iPhoneやAndroidの場合はQRsetupというアプリを使って、カードに書いてあるQRコードから簡単に無線LAN設定ができるようになっています。

IMG_5035
QRコードを読み取って、次へを押し、

IMG_5036
出てきたプロファイルをインストールします。

IMG_5038
これでWi-Fiの設定が完了です。簡単ですね。

IMG_5039
スマホで設定画面を開くには、StationRadarというアプリで見つかった機器を選ぶだけ。

IMG_5040
設定画面が開きます。
設定はブラウザなので、上記でIPアドレスが分かればアプリを使わなくても可能。

こうやって設定していけば良いのですが、機器が多くて面倒なので、SSIDと暗号化キーを今までと同じに変更することに。
設定画面からSSIDと暗号化キーを変更して登録。今まで通りに使えるようになりました。

今まで調子悪かったということもあり、かなり快適に。iPhone 6以降ではビームフォーミングなんかもできるみたいですね。