全日本ロードレース選手権JSB1000でYAMAHA FACTORY RACING TEAMに密着 #ヤマハバイク #JRR

全日本ロードレース選手権JSB1000でYAMAHA FACTORY RACING TEAMに密着 #ヤマハバイク #JRRP5291241

いつもお世話になっているヤマハ発動機さんからツインリンクもてぎでの全日本ロードレース選手権観戦ツアーのお誘いを頂き、日本最高峰のJSB1000クラスの試合を観戦してきました。舞台裏まで見ることができる強力なパスを頂き、ロードレースを満喫することができましたので、何回かに分けて紹介したいと思います。

P5290001
こちらがその強力なパス。

P5290009
ツインリンクもてぎは、栃木県にある広大なサーキット施設。アメリカンなオーバルコースとヨーロピアンなロードコースを併設するため、TWIN(英語) RING(ドイツ語でリンク)と命名されたのだとか。

DSC04064-Pano
あまりにも広すぎて全体を見ることができません。さらにモビパークという様々な乗り物のアトラクション、ジップラインや森あそびもできる施設もあり、東京ドーム137個分もの敷地があります。

P5290005
青がオーバルコースで、緑がロードコース。全日本ロードレース選手権JSB1000はこちらのロードコース(4.8013km) 23周で競われます。

P5290318
ヤマハの公式チーム「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」の中須賀克行選手はJSB1000の去年の年間チャンピオン。4年連続6度のチャンピオン獲得経験のある34歳のヤマハのエースライダー。予選でもコースレコードで1位。No.1マークが格好良いヤマハのYZF-R1に乗っています。

P5290212
「YAMALUBE RACING TEAM」は若手人材育成のユースチーム。こちらからはNo.7のマシンに乗る野左根航汰選手(20)とNo.15のマシンに乗る藤田拓哉(21)が参戦。去年のJSBランキングは野左根選手が7位、藤田選手が18位だそう。

P5290193
モータースポーツといえば、レースクイーンさんも。

P5290204
っと、話がそれましたが、

P5290323
レース直前には中須賀選手が塩で身を清めていました。

P5290327
集中している姿も格好良い。
NAKASHUGAのKが1と王冠になってますね。

DSC04070
レースはダウンヒルストレートから90度コーナーになるZ席で観戦。

DSC04071
ダウンヒルストレートは高低差30mもあるそうで、ビル10階分に相当。ここを一気に下り、ものすごいスピードのまま90度曲がるなんて、信じられませんが、実際に見るとその迫力とスピードに驚きました。
ちなみに、YAMAHAチームカラーの青のTシャツ(プレゼントしていただきました)を着ている人たちは、今回ご一緒したブロガーさんたち。応援と撮影に力が入っていました。

P5290466
もちろん、コースアウトなんてのも起こります。

P5290170
コースアウトなどトラブルは、コントロールタワーのレースコントロールルーム(管制室)で監視されており、即対応されます。

P5290470
予選7位 FCC TSR Teluru No.49 渡辺一馬選手ですね。

P5290481
黄色のフラッグと

P5290476
緑色のフラッグが振られ、安全が確保されるまで、この区間は追い越し禁止になるそう。

P5290797
予選10位 YAMALUBE RACING TEAM No.15の藤田選手もマシントラブルか途中かなり遅くなり、残念ながら6周でリタイア。

P5290804
YAMAHA FACTORY RACING TEAM 中須賀選手は、王者の風格で最初から独走態勢。見ていても明らかに速さが違う感じです。

P5290874
周回遅れもパスしていきます。

P5290964

P5291092

P5290947
予選5位 YAMALUBE RACING TEAM No.7の野左根選手は、2位争い。

P5291000
Team GREEN No.87 柳川明選手、No.26 渡辺一樹選手、ヨシムラスズキシェルアドバンス No.12 津田拓也選手とデッドヒートを繰り広げていました。

P5291017
コーナーでこの地面すれすれで曲がっていく姿も格好良い。

P5291050

P5291075

P5291005
皆の応援の甲斐もあって、中須賀選手が1位、野左根選手が3位入賞。

P5291232
中須賀選手は2位に20秒もの差を付ける圧倒的強さを見せつけました。23周なので、1周1秒ほど速いのですね。

DSC04074
レース後にはYAMAHA FACTORY RACING TEAMのピット内にも入らせていただきました。
こちらは中須賀選手の予備マシン。1000cc(4気筒)で最高速は300km/h。総重量は199kg。
ピットには予備のマシンやパーツが用意されています。

P5291298
レースマシンにはライトやバックミラーは付いていません。
タイヤは溝なしのスリックタイヤ。

P5291297
エンジンは水冷4ストロークDOHC4バルブ直列4気筒。

P5291302

DSC04080
こちらはタイヤの予備。

DSC04078
中須賀選手の席だそう。

DSC04075
様々な工具や

DSC04082
パーツも。

DSC04084
オイル。
レース中の選手への指示はサインボードで行うそうですね。

P5290164
ピットの裏にはトレーラーがあり、このトレーラーでこういった設備を運ぶそう。

P5291319
ピットを見学していたら、入賞した中須賀選手、野左根選手が現れるサプライズも。
入賞でプレス対応など忙しい中、記念の集合写真にも応じて頂けました。

P5291339
この後は自由行動だったので、初めてお会いするブロガーさんたちとサーキット内のお店で祝杯。

P5291340
スプリッツァーを頂きました。

P5290310
今まで知らなかったバイクレースについてやその裏側を知ることができ、さらにバイクレースの迫力や面白さを実際に目にすることで実感できました。
選手の皆様、ヤマハ発動機の皆様、モビリティランドの皆様、参加ブロガーの皆様、ありがとうございました。

4 thoughts on “全日本ロードレース選手権JSB1000でYAMAHA FACTORY RACING TEAMに密着 #ヤマハバイク #JRR

  1. Pingback: ロードレース日本最高峰の全日本ロードレース選手権JSB1000クラスの試合を観戦! | ブロガーセレクション

  2. Pingback: 全日本ロードレース選手権JSB1000 ピットウォークでレースクイーンさんを撮影 #ヤマハバイク | Digital Life Innovator

  3. Pingback: 選手も飛べば土も飛ぶ スポーツランドSUGOで全日本モトクロス選手権を観戦 #ヤマハバイク | Digital Life Innovator

  4. Pingback: #東京モーターサイクルショー 2017 MFJトライアルデモンストレーションとクイーンスターズ模範走行 | Digital Life Innovator

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Captcha * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.