松屋銀座「くまのがっこう展」&「ディック・ブルーナのデザイン展」内覧会で絵本やキャラクターの魅力を満喫

P4180177

松屋銀座8Fで4/19より開催の「誕生15周年記念 くまのがっこう展」と「シンプルの正体 ディック・ブルーナのデザイン展」の内覧会に参加。まだまだ展示準備作業が行われているところにお邪魔して、一足先にその展示を楽しんできました。
内覧会で特別に撮影許可をいただいて展示風景を写真撮影しています。(展示準備中のため実際の展示とは違うところもあります)

P4180325
絵本「くまのがっこう」は今年で誕生15周年になるそうです。
山の上の「がっこう」で暮らす12ひきのくまのこの日常を描く「くまのがっこう」を生み出したのは、「あいはら ひろゆき」さんと「あだち なみ」さん。このお二人もいらっしゃっていました

P4180269
あいはら ひろゆきさんは文を担当。

P4180271
あだち なみさんは絵を担当。

P4180307
あだち なみさんは黒板を使ってのライプペインティングを披露して頂けました。


6倍速にした動画です。

P4180194
絵本の原画はよりすぐりの約200点が展示されています。

P4180199

P4180202

P4180247
絵本から飛び出したキャラクターたちもいます。

P4180210

P4180255

P4180257

P4180225
さらに面白いのがアイデアスケッチやラフスケッチ。どのようにして絵本が書かれていくのかが分かります。

P4180251

P4180236
本展のために描き下ろされた作品もありますので、お見逃しなく。

P4180242
くまのがっこうをモチーフにした様々な作品も。

P4180279

P4180292

P4180312
さらに豊富なオリジナルグッズもかわいくてほしくなりますね。

P4180318

P4180323

P4180327

P4180180
シンプルの正体 ディック・ブルーナのデザイン展は、オランダのグラフィックデザイナーでミッフィーの作者でもある「ディック・ブルーナ」さんのデザインの考え方、シンプルなデザインを実感できる展示となっています。
一昨年オランダに行ったときは、ちょうどミッフィー60周年でユトレヒトアムステルダムでたくさんのミッフィーに出会いました。

P4180178
ディック・ブルーナさんは今年の2/16に逝去され、世界中の書店とブルーナの活動に貢献した関係者へ向けて刊行された未発表の絵本「クマくんがしんだ」(仮題)も展示されています。

P4180153
デザイン原画やスケッチ、ポスターなどが数多く展示されており、その「シンプル」の正体に迫っています。

P4180169
ミッフィーだけでなく、ブラック・ベアシリーズも見どころ。

P4180152

P4180168

P4180146

P4180172

P4180175

P4180162

P4180140
4組のデザイナー(KIGI/groovisions/中村至男/ミントデザインズ)がブルーナ作品からインスピレーションを受けて制作した作品も展示されています。

P4180165
もちろんミッフィーグッズもたくさんあります。

絵本の世界やキャラクター、デザインなどに興味がある方はぜひ観に行ってください。

誕生15周年記念 くまのがっこう展(東京会場)
会期:2017年4月19日(水)ー5月8日(月) ※会期中無休。
時間:午前10時~午後8時(最終日は午後5時閉場、入場は閉場30分前まで)
会場:松屋銀座/8階イベントスクエア
料金: 一般 1,000円、高校生 700円、中学生 500円、小学生 300円

シンプルの正体 ディック・ブルーナのデザイン展
会期:2017年4月19日(水)ー5月8日(月) ※会期中無休。
時間:午前10時~午後8時(最終日は午後5時閉場、入場は閉場30分前まで)
会場:松屋銀座/8階イベントスクエア
料金:一般 800円、高校生 600円、小中学生 400円

松屋銀座「くまのがっこう展」&「ディック・ブルーナのデザイン展」内覧会で絵本やキャラクターの魅力を満喫” への1件のフィードバック

コメントは受け付けていません。