東京獺祭の会2017で獺祭を満喫

P3110031

今日はウェスティンホテル東京で開催された「東京獺祭の会2017」へ。獺祭の会は初参加です。
お友達がチケット取ってくれました。ありがとうございます!

P3110001
獺祭は、知らない人がいないほど有名かつ人気の日本酒ブランド。山口県の旭酒造さんが独特な製造システムで造るこだわりのお酒です。

P3110025
今年は会費が8,000円と今までよりも高かったそうですが、ホテルでの着席形式。獺祭だけでなく食事も豪華でとても満足のいくものでした。
お友達によると過去は会費が安かったものの、立食形式で料理が争奪戦だったりしたそうです。
3.11ということもあり、今回の売上の23%は寄付されるそう。

P3110020
獺祭の特長の一つ、磨きについてよく分かる山田錦を50%,39%,23%まで磨いたお米の展示もありました。

P3110030
昨年就任した桜井一宏社長の挨拶
桜井博志会長も各テーブルをまわって挨拶されていました。

P3110035
山口県岩国市出身の漫画家 弘兼憲史氏の挨拶。課長島耕作シリーズの作者さんです。

P3110002
磨き二割三分 発泡にごり酒で乾杯

P3110015
磨き二割三分
発泡にごり酒

P3110014-2
会場の両サイドには獺祭のラインナップがずらりと並び、おかわり自由で時間内飲み放題です。
ただし「磨きその先へ」だけは、テーブル上のワイングラスに一人一杯だけサーブされます。かなりたっぷり注いで頂きました。(チケット制ではなくなりました)
本当に澄んだ水のような味わいは今回飲んだ中でも特に印象的でした。

P3110018
磨きその先へ

P3110005
純米大吟醸 磨き二割三分 遠心分離
おりがらみ 元旦届け
加熱処理していない磨き二割三分遠心分離もとっても美味しかったですね。
なかなか飲めないのでこれを結構お代わりしていました。

P3110006
純米大吟醸 磨き二割三分 遠心分離
色々飲み比べられて、味の違いを楽しめるのもこういう会ならでは。

P3110004
純米大吟醸 磨き二割三分 早田

P3110007
純米大吟醸 磨き二割三分

P3110008
純米大吟醸 磨き三割九分 遠心分離

P3110009
純米大吟醸 磨き三割九分

P3110010
純米大吟醸50

P3110011
等外23温め酒

P3110023
これはぬる燗で頂きました。等外23温め酒は他と違い度数が2%程度低くしているとか。

P3110012
等外23生

P3110013
等外

P3110014
純米大吟醸48 寒造早槽

P3110016
磨き三割九分
スパークリング

P3110017
発泡にごり酒
スパークリング50

P3110019
お料理もとても豪華。獺祭を絡めた調理がされているものが多く、とても獺祭と合う料理で美味しいです。

P3110009-2
和洋前菜2段重
日本料理
 遠心分離酒粕のカステラ焼き
 ライスミルクで炊いた花豆
 獺祭の辛子蓮根
 海老の酒煎りと干瓢の山葵漬け和え
 酒粕玉子の菜種焼き
西洋料理
 サーモンと真鯛のスモーク 獺祭風味
 シーフードと柑橘類のサラダ
 チキンエスカベシュ
 カモと野菜のジェリー寄せ

P3110020-2
ビーフコンソメ 蕪と一番だしのロワイヤル仕立て

P3110022
獺祭の酒粕に漬けた真鯛とホタテムース桜風味
日本酒とバターのクリームソース

P3110026
獺祭牛とキノコのピティビエ
軽いデミグラスソース

P3110027
中に牛肉ときのこがぎっしり。

P3110028
ライスミルクのブランマンジェ

どれも満足のいくお味でお腹もいっぱいに。
獺祭ばかりで料理が少なかったらお酒が回らないか心配でしたが、杞憂でした。

P3110033
コーヒー

写真撮ってなかったですが、獺祭米粉のパンも美味しかったです。

P3110036
〆は三遊亭鳳楽師匠の小咄で。

P3110040
会場には獺祭関連商品も販売

P3110039
化粧品も作っているのですね。

獺祭もお料理もとても良かったです。旭酒造さん、ご一緒していただいた皆さん、ありがとうございました。

Amazon: 獺祭ストア