XPS13 2in1 Alienware13 Inspiron15 DELL新商品発表会 #DELL

P1200253

1/20デルの新商品発表会に参加して、当日国内発売になった新商品XPS13 2in1、Alienware13、Inspiron15について、デルのマーケティング担当VP レイモンド・ワー氏やデザイン担当VP マイケル・エリス・スミス氏のプレゼンを聞いたり、製品のタッチ&トライをしたりしてきました。

xps-13-9365-2-in-1-laptop(2017/1/20発売)
alienware-13-laptop(2017/1/20発売)
inspiron-15-7567-laptop(2017/1/20発売)

デル株式会社 デル株式会社


会場はニコファーレ六本木。オープニングはDELL製品でのVJパフォーマンスでした。超短縮版を動画で載せておきます。

P1200237

XPS 13 2-in-1

P1200193
今までのXPS 13 (左)は、13インチのノートパソコンで世界最小。ディスプレイのフレーム部分がほとんどなく、13インチの画面サイズでありながらMacBook Air 11インチとほぼ大きさが変わらないという製品です。
そのXPS 13とほぼ同じサイズ感で、2-in-1(ノートパソコンにもタブレットにもなる)にしたのが、今回の新製品XPS 13 2-in-1。サイズが変わらず2-in-1になるというのはすごいですね。ベゼル幅は何と5.2mm。

P1200169
360度ヒンジで180度開くこともできますし、

P1200167
テントスタイルにも、

P1200172
タブレットスタイルでも使うことができます。
もちろんタッチ対応ディスプレイです。
ディスプレイはシャープのIGZO IPSパネルを採用。視野角がとても広く、斜めからでも綺麗に見えます。コーニングのゴリラガラスも使っています。
オプションでQHD+解像度(3,200×1,800)にも対応可能。

P1200265
CPUは最新の第7世代インテルCore i5/7プロセッサーを搭載しており、パフォーマンスもばっちり。

P1200270
バッテリーも通常の測定で業務アプリケーション使用で最長約15時間、ストリーミング動画で最長約10時間も持つらしいです。
WACOMの技術を使ったActive Penもオプション販売するそう。Active Penは後日発売で試せなかったのが残念ですが。

P1200276
デザインもXPSの特徴的なデザインを継承。

P1200206

P1200209
とっても薄くて良い感じ。

P1200210
背面のヒンジ部でもこれくらいです。

P1200211
これはタブレットスタイルにしたときの側面ですが、なかなか薄くて良い感じです。
先が閉じていないようにも見えますが、磁石でくっつくために不意に開いたりはしないですね。

P1200288
さらに側面に精細な一体感が出るように、ダイヤモンドカットをしているとか。

P1200189
確かに美しい側面ですね。

P1200166
XPS13同様、パームレストなどにはカーボンファイバーを使用し、強くて軽量・触り心地や見た目の良さを実現しています。
筐体は削り出しアルミ素材。

P1200207
背面のXPSと書かれた蓋は、

P1200178
シリアルや色々な表記などを隠すためだけの蓋。シンプルなデザインを実現するためにここまでしています。

P1200191
側面には、電源ボタン、Micro SDカードスロット、USB 3.1 Type-C(DC-In/Powershare対応/DisplayPort兼用)、ロックスロット

P1200190
Thunderbolt 3(USB 3.1 Type-C/DC-In/PowerShare対応/DisplayPort兼用)、ヘッドセットジャック、バッテリインジケータが付いています。
USB 3.1 Type-Cが2つ付いているのは良いですね。さらに1つはThunderbolt 3対応です。

P1200185
さらに、USB-C-USB-Aアダプタが1本付属します。

P1200216
USB-Cの電源アダプターはコンパクトですね。

DELL: xps-13-9365-2-in-1-laptop(2017/1/20発売)

Alienware 13 ゲーミングノート

P1200374
ゲーミングノートとして1大ブランドとなっているAlienware。その13インチ版も登場。クアッドコアHクラスプロセッサーおよびNVIDIA 10シリーズグラフィックスなど、パフォーマンスにこだわったスペックながら価格は抑えられているので、かなりのコストパフォーマンスです。

P1200307
13インチのノートパソコンとして世界初のVR READYだとか。Oculus RiftとHTC Viveに対応しているそう。
VRはパフォーマンスが必要ですからね。

P1200317
デザインもAlienwareらしいデザイン。

P1200321

P1200327

P1200376
ディスプレイよりも後方に少し飛び出ているヒンジデザインで、ここに発熱する部品を配置して、熱を効率的に逃したり、その分フロントにスピーカーを搭載したりしているそう。

P1200200
非光沢なLCD(右)の他に、オプションでQHD有機ディスプレイ(左)も選択できます。黒表現に優れ、ゲームに集中できます。

P1200204
キーボードバックライトやタッチパッドなど、ライトの色は自由にカスタマイズできます。

P1200378

DELL: alienware-13-laptop(2017/1/20発売)

Inspiron 15 ゲーミングノート

P1200142
Alienwareは本格的なゲーミングノートですが、よりエントリー向けにおすすめなのが、Inspiron 15。

P1200349
これもパフォーマンスはもちろん、サウンドやグラフィックスにこだわっています。前面スピーカーと背面にサブウーハーを搭載しています。

P1200354
デザインは自動車のデザインから着想を得ているそう。

P1200146

P1200149

P1200145

P1200386
もちろん排熱にもこだわって、パフォーマンスを引き出せるようになっています。

DELL: inspiron-15-7567-laptop(2017/1/20発売)

どれもデザインが良くて、使い勝手も良さそう。私はPCゲームはしていないので、特にXPS 13 2-in-1を使ってみたくなりました。

デル株式会社

XPS13 2in1 Alienware13 Inspiron15 DELL新商品発表会 #DELL” への2件のフィードバック

コメントは受け付けていません。