インクカートリッジが安く細かな使い勝手も向上でリプレースに良さげ EPSON Colorio V-edition EP-10VAでチェコの写真を大量印刷してみました

インクカートリッジが安く細かな使い勝手も向上でリプレースに良さげ EPSON Colorio V-edition EP-10VAでチェコの写真を大量印刷してみましたPC230089

先日写真作品作りを体験させていただきましたEPSON Colorio V-edition EP-10VAのモニター機が届きました。チョコに行っていたので開封が遅れましたが、セッティングして使ってみました。モニターでは、インクや用紙も豊富に付けていただきました。フレームに入った写真は先日作成して「NEW PHOTO FORUM 2016」に展示していただいた作品です。

PC230091
本体はA4の用紙と比較してこれくらいの大きさ。体験したときはEP-30VAと比較して大きく感じたのですが、A3印刷対応なのにそれほど大きくも感じないです。

PC230093
今使っているEP-802Aと比較してみると少し大きいくらいでほとんど大きさは変わりません。

PC230095
EP-802Aを設置していたスペースにも問題なく置くことができました。これは良いですね。PX-5Vなどのプロセレクションシリーズは大きさだけでちょっとハードルが高かったですからね。

PC230096
インクカートリッジをセット。カートリッジはかなり小さいですね。

PC230098
電源を入れると初期充填が始まりました。少し時間がかかります。

PC230100
初期充填が終わるとメニューが表示されます。タッチで直感的に操作ができます。

PC230103
まず無線LANに接続してみました。セキュリティキーの入力はちょっと面倒。WPSとか有線LANとか使えば簡単だと思いますが。

PC230105
無線LANに接続すると、ファームウェアアップデートがあると通知されましたので、セットアップメニューからファームウェアのアップデートを実施。

PC230107
さらにEPSON Connect設定も本体から簡単にできます。

PC230108
セットアップ用のシートが印刷されるので、それに従って、

スクリーンショット 2016-12-23 11.40.52
PCやスマホからEPSON Global ID連携(持っていない人は作成から)すればOK。

スクリーンショット 2016-12-23 11.41.33
メールアドレスに写真を送れば印刷してくれるメールプリントが利用できるようになりました。

PC230109
説明用の用紙も自動的にプリントされます。

PC230111
用紙をセットすると、どんな用紙をセットしたのかを登録するようになっています。
この設定値とプリントするときの設定と合わなければちゃんと警告してくれるので、用紙設定間違いで用紙をムダにすることが無いのが良いですね。

スクリーンショット 2016-12-23 11.45.16
MacBook Proからも印刷できるようにしようと、ドライバーを検索して、ダウンロードしようとするとなぜかページが見つかりません。

スクリーンショット 2016-12-23 11.46.17
でも、システム環境設定のプリンタとスキャナで、プリンタを追加して、ドライバに「EP-10VA Series」を選ぶと、自動的にダウンロードされて、問題なく印刷できるようになりました。

スクリーンショット 2016-12-23 12.49.13
プレビューアプリから写真印刷してみました。
プリセットで「EPSON 写真用紙クリスピアで写真印刷」というのを選ぶだけで、印刷設定を詳細に変更しなくて良くなったのは良いですね。
用紙サイズや用紙全体を埋めるの設定がいちいちリセットされるのがちょっと嫌。

PC230112
プリントはEP-802Aと比較しても驚くほど静か。離れたところからは印刷しているのが意識しないとわからないくらいです。給紙のときは少し音がしますが。
用紙が無くなるとピーピーと音で知らせてくれます。
用紙の交換もとてもやりやすくなっていますね。

PC230115

PC230121
先日のイベントでは、とにかく沢山プリントしてみましょうという話もあったので、チェコで撮影してきた写真をとても沢山プリントしてみました。
確かに、モニターで見るだけではよく分からない粗だとか、ディスプレイとプリントで見るときの印象とかが違って、勉強になりました。

PC230113
L版を100枚くらい印刷すると付属のインクカートリッジで無くなるカラーが出てきたので交換。最初のインクカートリッジは初期充填があるので、印刷できる枚数が少ないみたいです。
すぐにカートリッジ交換しようとカートリッジを取り外そうとしても外れない。実は画面の指示に従って、タッチしていけばインクカートリッジが交換位置に移動するのですね。EP-10VAでは、かなり親切に操作をガイドしてくれる印象です。

PC230124
本体からできる撮影情報付き印刷もやっていました。
写真と一緒にシャッタースピードや絞り、焦点距離、ISO感度、カメラ名などが印刷されますね。

PC230123
A4のフレーム付き写真印刷もやってみました。

PC230125

PC240128
さすがにとても精細に綺麗に印刷されますね。

写真画質は前から綺麗だったので特に不満はなかったのですが、細かい使い勝手がかなり向上していて、インクカートリッジの価格もかなり安くなっているので、プリンタをリプレースしたくなりました。
A3印刷なんかも試してみたいな。でも、その前に年賀状を印刷しないと。

One thought on “インクカートリッジが安く細かな使い勝手も向上でリプレースに良さげ EPSON Colorio V-edition EP-10VAでチェコの写真を大量印刷してみました

  1. Pingback: スマホだけで簡単年賀状作成 EPSON Colorio V-edition EP-10VA | Digital Life Innovator

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Captcha * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.