Raspberry Pi 2にWindow 10 IoT Core Insider Previewをインストール

DSC07448

Windows 10をシングルボードコンピュータで動作させるWindow 10 IoT CoreのInsider Previewが公開されたので、手持ちのRaspberry Pi 2に入れてみました。

DSC07445
Raspberry Pi 2で動作させるための手順はこちらに書かれています。まずは下記を用意します。
Windows 10 Insider Preview(build 10069以降)が動作するPC
Raspberry Pi 2, microUSBケーブル(電源), HDMIケーブル, イーサネットケーブル
8GB Class10以上のmicroSDカード

scrn004
Microsoft Connectにサインアップして、Windows 10 IoT Core Insider Preview Image for Raspberry Pi 2をダウンロードします。
ダウンロードしたzipファイルを展開し、flash.ffuを取り出します。
コマンドプロンプトを管理者権限で実行(右クリックで選択)します。
flash.ffuのあるフォルダにcd。

microSDカードをカードリーダーなどでPCに接続。

diskpart
list disk
exit
してSDカードのドライブ番号を確認。

dism.exe /Apply-Image /ImageFile:flash.ffu /ApplyDrive:\\.\PhysicalDriveN /SkipPlatformCheck
PhysicalDriveNのNのところを確認したドライブ番号に変更して実行。
このdism.exeがWindows 10にしかないので、Windows 10のPCが必要になるようです。

DSC07446
書き込みが終わるとmicroSDカードを取り出して、Raspberry Pi 2に取り付けます。
また、HDMIケーブル、イーサネットケーブル、microUSBケーブルを接続して起動。イーサネットケーブルでLANに接続するのは必須みたいです。

DSC07450
Windowsのマークやこんなのが表示されたりしますが、結構変化がなくて不安になりつつ、

DSC07451

DSC07453
じっと待っていると、このような画面になって起動完了。

scrn005
ブラウザでアクセスしたりも出来ますね。
あとはPowerShellで接続したり、Visual Studio 2015 RCをダウンロード、インストールしたり。

さて何に使おうかな?

Raspberry Pi 2にWindow 10 IoT Core Insider Previewをインストール” への1件のフィードバック

コメントは受け付けていません。