Kenko Sky Explorer SE-AT90M 天体望遠鏡で月を撮影

Kenko Sky Explorer SE-AT90M 天体望遠鏡で月を撮影DSC05022
子供の頃から天体望遠鏡って憧れたけど、難しい&とても高価ながらあまり使うシーンがないイメージでなかなか買うに至らなかったのですが、とうとう買ってしまいました。
とは言ってもおもちゃみたいな価格(本体3万弱)の「Kenko 自動追尾天体望遠鏡 SkyExplorer SE-AT90M RD」ですが。衝動買いなので、天体望遠鏡の知識も商品比較もほとんど無しですw


DSC05001
同時にスカイエクスプローラー SE-AT用三脚Kenko Tマウント マイクロフォーサーズ用 IIもAmazonで購入。全部バラバラの場所から届きました。
DSC05005
90mmマクストフカセグレン反射式(というらしい)天体望遠鏡と自動追尾機能付きの架台。
DSC05003
3種類(6.3mm, 10mm, 20mm)のアイピースとファインダー。架台にカメラをセットするためのL字ブラケットも付属していました。
DSC05007
鏡筒はおもったより重くしっかりしています。
DSC05009
自動追尾には単三電池8本必要ですが、電池は別売りです。
DSC05015
組み立ては説明書通りにやれば簡単に組み立てる事ができます。
ファインダーと望遠鏡が同じものを捉えるように調整。
DSC05012
自動追尾のためには、架台を水準器をたよりに水平にして、架台のNマークを北の方角に合わせ、メモリを緯度に合わせ電源オン、2,3ボタンを同時に押すという設定が必要です。非常に高い倍率なのでちゃんと追尾できるようにするためには、水平や北向きの精度が要求されます(ちょっと試した感じではうまくいかず)。
DSC05025
早速、ベランダで試してみましたが、月や星がとても綺麗に見えました。
ただし、温度変化に弱いので、外の気温と同じになるように予め出しておく必要があります。
DSC05027
アイピースを覗くと月がかなり大きく見えます。目には見えない星もいっぱい見えたり。
DSC05017
今度はTマウントアダプタを使って、DMC-GX1を取り付けてみました。
P1210468
ライブビューではとても綺麗に精細に見えるのに、写真を撮影した瞬間にボケる感じがします。シャッターのショックかな?
なので、感度を上げて撮影。
P1210468_1
ちょっと色収差が大きかったので、画像処理で赤要素だけにして、コントラストや明瞭度を上げて現像。でも、高感度なので粗い感じですね。
もうちょっと良い写真が撮れる感じがするので、いろいろ試行錯誤してみたいと思います。
彗星や惑星なども楽しめると良いな。
Amazon: Kenko 自動追尾天体望遠鏡 SkyExplorer SE-AT90M RD

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Captcha * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.